一般社団法人日本オブスタクルスポーツ協会

NEWS

2024.01.22
日本初のFISO公認オブスタクルスポーツコース誕生
フィリピンのオブスタクルコース
2024年4月に、日本初のFISO公認オブスタクルスポーツコースが、徳島県吉野川市に誕生します。
これは同地に本社を置く株式会社松島組とのパートナーシップにより、昨年より進めてきたプロジェクトです。
このコースはFISOの規定に則たOCR(オブスタクルコースレーシング)100mコースで、全長100mのなかに12のオブスタクル(障害物)が設置されます。
今回の『吉野川オブスタクルコース』(仮)では、オブスタクルスポーツのコンセプトの一つである「アーリーエンゲージメント」の思想に基づき、スポーツというものに初めて接する子どもたちがこの施設で、スポーツで求められるさまざまな動きを体験し、ここから広い世界に飛び出してほしい、という願いも込めて、完成を目指しています。

またこの施設ができることにより、吉野川市が日本のオブスタクルスポーツの聖地のひとつとなり、地域活性化の一助となることも当施設建設の大きな目的であり、吉野川市のみならず、徳島県からも大きな期待を寄せていただいています。

【概要】
名称:JOSA公認『吉野川オブスタクルコース』(仮)
場所:徳島県吉野川市鴨島町知恵島
完成予定:2024年4月

※FISO (World Obstacle)…オブスタクルスポーツの国際競技連盟。JOSAもFISOの認定のもと、日本におけるオブスタクルスポーツの統括を担っている。